ベトナム情報マガジンVo6(ベトナムの美容と健康ビジネス)

ベトナム情報マガジン(2018/ 12/23)

※下記メルマガの内容は会員向けメルマガの冒頭部分です。
本文は会員様に毎月配信しています。
配信一定期間経過後にどんな内容なのか分かりやすいように冒頭文と一部のみ、参考として掲載していきます。
本購読をご希望の場合は、当協会にご入会下さい。

━━━━━━━━━━━━

2018/ 12/23配信

皆さま、こんにちは!

日越親善協会の理事長を務めております酒井 広徳です。

テレビで最近賑わっておりました臨時国会にて
外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法(入管法)改正案が、
11月27日、自民や公明などの賛成多数で可決されました!

改正案は、政府が指定した業種で一定の能力が認められる外国人労働者に対し、
新たな在留資格の「特定技能1号」「2号」を付与することとなりました!

これがなかなか複雑でまだ詳細も発表されていないので、
これからどうなるかは予測でしかありませんが、
外国人が日本で働くVISAの取得の幅が広がったのは事実です!

しかし様々なところにもしわ寄せがあります。
今までに若干の曖昧な入国管理局審査がかなり厳しくなりました。

日本語学校へ入学する留学生や技能実習生、エンジニアなどの申請もギリギリ通っていた方々が次々と落とされております。

中には日本語学校が申請した留学生の半分が今までと同じ内容だったにも関わらず、
足切りに合って経営状態が悪化する学校も出てきました。

この様な入国管理局絡みの問題も、我々、日越親善協会では様々な分野でのプロが在中しており、
サポート体制をご用意しておりますので、いつでもメールにてご相談を承っております!

【今月号の内容】

ベトナムの美容と健康ビジネスのお話

ベトナムの美容と健康ビジネスのお話。

近年、経済成長を続けているベトナムですが、私の思うところ美容に至っては、
ほとんどが海外から寄せ集められた感じと言えます。
韓国が美容業界の火付け役となり、化粧品や美容用品の約90%が輸入品で、
自国で作られた物はほとんどないと考えられます。

※以下は会員様メルマガに掲載しています。